コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングを考案したと言えるアメリカのContent Marketing Instituteの意味・内容を解釈すると、コンテンツマーケティングとは適切で価値がある情報の中身(コンテンツ)を製作、提供することにより、その情報の中身(コンテンツ)に興味を持つユーザーとの関係性を維持し、最終的に利益に繋げる行動を促すことを意図とするマーケティングの考え方です。自社の製品やサービスをアピールしたり売り込んだりするのではなく、見込みのあるユーザーが誰なのかを見定め、最終的に購入してもらう、コミュニケーション的戦略です。

従来の広告との違いについては、従来の広告は企業側が伝えたいことを、生活者の捉え方に関係せず一方的にメッセージを届けるかたちでしたが、コンテンツマーケティングは、生活者が興味を持ったコンテンツを知りたいと思ったときに、それに答える適切なコンテンツを提供することで企業側との接点のきっかけを作り、惹きつけ、資料請求や商品、サービスなどの申し込みを行ってもらうことを目的としています。

コンテンツマーケティングで、見込みのあるユーザーを惹きつけ、購買まで導くためには、誰に伝えるのか、何を伝えるのか、どの順番で伝えるのかを検討し、ある程度あらすじを考えた適切なコンテンツを作らなければなりません。

 

コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングの特徴は、ブログや動画、ソーシャルメディアなどのインバウンドマーケティング(プル型)であることです。ユーザーはこれまでの広告やバナー広告、ダイレクトメール、テレマーケティングなどを中心としたアウトバウンドマーケティング(プッシュ型)を邪魔だと感じたり、無視するようになってきた昨今、コンテンツマーケティングが効果的な手法になってきました。

コンテンツマーケティングは、自社メディアを立ち上げて情報を発信していくため、マスメディアなどを利用して広告を出してもらうなどするよりも広告宣伝費がかからない分費用が少なくて済みます。企業にとって投資効果も高いと言えるでしょう。見込みのあるユーザーが興味を持ってくれているコンテンツを提供することで、コミュニケーションが活性化します。そのような効果によって、企業やショップなどに対する親密性や信頼性を高めることができて、リピーターやファンが増えていきます。

マスメディアなどの広告宣伝では、ターゲットを絞り込めないことと、広告を認知してからの行動についての追跡調査ができません。コンテンツマーケティングは、最初から興味や関心のある人をターゲットとして絞り込むことができ、サイトのアクセス解析などによりユーザーの反応を収集・分析することも容易です。また、ソーシャルメディアを利用することにより、口コミで情報を自然に拡散していくことに期待が持てます。